読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ayaのブログ(ブログのタイトルは、aya's sunny CD)

aya(井上和彦)のブログです。私は、パワー(能天使)本人です。私は、セト(邪神)本人です。私は、エロヒム(神霊)本人です。私は、ブラフマー(魔王)本人です。このブログの用途について、私が使用するという用途です。

ミカちゃん(ミカエル(大天使))との話

私とミカちゃんが、私のブログについて考えた。

ミカちゃん「ayaちゃん、業界で、著作について著者の儲けについて、印税って言うじゃない。ayaちゃんは、ayaちゃんのページを運営することについて、いくらくらい儲かっているのかな?」

私「それはね、ミカちゃん」

ミカちゃん「ayaちゃん」

私「私が、私のページを運営することについての儲けについてはね、業界で、私が売り上げ大王って言われてるくらい(儲かってるよ)」

ミカちゃん「ayaちゃん、そうなんだね。」

私「うん、ミカちゃん。私は、(私が、私のページを運営して)儲けた金額について、貯金したりしてるから、こういう感じかな。」

ミカちゃん「ayaちゃん、(ayaちゃんが、ayaちゃんのページを運営して)儲けた金額について、ayaちゃんが買い物に使って、経済が活発化すると良いんじゃないかな」

私「ミカちゃん、どうして?」

ミカちゃん「ayaちゃん、どうしてか、それはね。ayaちゃん、買い物の予定については、ないのかな?」

私「買い物についてはね、ミカちゃん。私が技術を開発することについて、(こういう)ゲームを作ることに良い技術も、私の権利ということで、私のポケ(ポケット)に入るし、ミカちゃん、私は貯金を(してるよ)」

ミカちゃん「ayaちゃん、貯金をするだけじゃ、財テクが進まないからね。ayaちゃんが技術を開発することについて、(こういう)ゲームを作ることに良い技術も、ayaちゃんの貯金だということで、ayaちゃんが貯金を使って、経済が活発化すると良いんじゃないかな」

私「じゃあ、ミカちゃん。ミカちゃんの技術でね」

ミカちゃん「ayaちゃん、俺の技術?」

私「うん、ミカちゃん。ミカちゃんの大天使(ライト・ロウ)の技術をね」

ミカちゃん「ayaちゃん、俺がayaちゃんに技術を販売することについて、俺の大天使(ライト・ロウ)の技術よりも、俺が儲かる技術のほうがいいよ」

私「そうなの、ミカちゃん」

ミカちゃん「そうだよ、ayaちゃん。」

私「じゃあ、ミカちゃん、ミカちゃんのトレーナーの技術は?」

ミカちゃん「俺のトレーナーの技術ね。良い内容だとは思うけど、俺の期待とは、ちょっと違う内容だと思うよ。」

私「そうなんだね、ミカちゃん。」

ミカちゃん「ayaちゃん、もっと大口(おおぐち)が、良いんだよ。」

私「ミカちゃん、あのね、((トレイド(商業取引)なしの金額で)、すき焼きを)」

ミカちゃん「ayaちゃん、すき焼きを?ayaちゃん、話が進まないね。」

私「ミカちゃん、((トレイド(商業取引)なしの金額で)、クレープも)」

ミカちゃん「ayaちゃん、わかったよ。俺がayaちゃんに、すき焼きとクレープをプレゼントするからね。こういう感じだから、ayaちゃんに営業することが、進まないんだな。」

私「ミカちゃん」

ミカちゃん「ayaちゃん、まぁ、そうだね。」

私は、ミカちゃんのこと、いいなぁ、って思ってね。私の家とミカちゃんの家は、仲が良い家なんだよ。ミカちゃんのこと、いいなぁ。内容については、こういう内容だよ。