ayaのブログ(ブログのタイトルは、aya's sunny CD)

aya(井上和彦)のブログです。私は、パワー(能天使)本人です。私は、セト(邪神)本人です。私は、エロヒム(神霊)本人です。私は、ブラフマー(魔王)本人です。このブログの用途について、私が使用するという用途です。

ガブちゃん(ガブリエル(大天使))との話

トレイド(商業取引)なしの金額で、私と私の恋人(私自身だ)が食事に行ったことについて、寿司のバイキングについて、ガブちゃんにウケたということで、私とガブちゃんが、寿司を食べに店に行った。ガブちゃんが、私にごはんをおごってくれたんだけどね、寿司屋のイメージは、トンカツもよく売れるような感じの寿司屋でね。

ガブちゃんが、私におごってくれるから、っていうことでね、(ガブちゃんが私を乗せてくれた乗用車は、ベンツだった)、私は寿司についてトロとウニとカニとイクラと甘エビを食べた。1種類あたり5個ずつで、20個の寿司を食べて、それから、温かいうどんと天ぷら(海老・イカ・サツマイモ・カボチャ)と牛肉のステーキとピザとローストビーフとチーズとフルーツケーキとショートケーキを食べた。こういう感じだったから、寿司屋からガブちゃんに来た請求書が、見たら、(わぁっ)っていう感じだった。ガブちゃんは、私が寿司を食べてるのを見て、「(調子について)調子が良いなぁ」って言っていた。

ガブちゃんは、海鮮丼を食べていた。私が、「ガブちゃん」って言ったら、ガブちゃんが、「俺は、自分でカネを払うんだから、そこまで高い料理を食べる必要はないよ」って言った。このことについて、ひょっとして、って思って、私が、ガブちゃんに、「あのね、こういう感じって、やっぱり、こうかなぁ?」って言ったら、ガブちゃんが、私に、「俺が稼いでるカネなんだから、ayaちゃんが贅沢して、俺が嬉しいよ。」って言った。ガブちゃんのこと、こういう感じでね。

それで、寿司屋から帰るときに、ガブちゃんが私に、お土産ということで、寿司とローストビーフとメロンケーキを買ってくれた。(それでね、ガブちゃんと私が家に着いてから、ガブちゃんが私にお土産である寿司とローストビーフとメロンケーキを食べさせてくれた。)ガブちゃんのこと、(あのね、ガブちゃんが、ルックスが良いんだけどね)、ガブちゃんが私に贅沢させてくれてね。

それでね、ガブちゃんのこと、ガブちゃんに、私がありがとうを言ったんだけど、ガブちゃんは、私のこと、

ガブちゃん「ayaちゃん、俺はayaちゃんの彼氏なんだから、そうなんだからね、こういう内容なんだよ」

って言った。ガブちゃんのこと、私の気持ちについて、こういう感じがしたよ。