読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ayaのブログ(ブログのタイトルは、aya's sunny CD)

aya(井上和彦)のブログです。私は、パワー(能天使)本人です。私は、セト(邪神)本人です。私は、エロヒム(神霊)本人です。私は、ブラフマー(魔王)本人です。このブログの用途について、私が使用するという用途です。

ダロサ(源九郎義経)との話

トレイド(商業取引)なしの金額で、ダロサが私におごってくれるということで、ダロサが私に料理を作ってくれて、私とダロサが、フライドチキンと豚肉の串カツと筍ごはんとロールケーキを食べた。

トレイド(商業取引)なしの金額で、ダロサが私に葡萄のジュースをおごってくれて、私が飲んだ。味が、美味しかった。

ダロサが、(ダロサのことが)私の好みのタイプなのかな、ということについて、なんだかんだ言って(私とダロサのことが)上手く行っているということで、「そうかなぁ」っていう話を話した。

私とダロサは、(概して成績について)成績が良くて、ルックスが良いし、器用で、世渡りも上手いし、良いと思うんだけどね。

私とダロサのこと、(男性化粧品の話で、スーツの上下の話をすると、よくわかるんだけど)何かの折りに、全然別のほうに行ってしまうんじゃないか、って言うと、内容について、よくわかるね。

私とダロサについて、何かの折りに、全然別のほうに行ってしまうっていうことについて、それくらいのこと(事柄)は、ないんだけど、そうかなぁ、って思う。

それでね、

私「ねぇ、私とダロサが、世渡りが上手いってさ。」

ダロサ「そうか。ayaちゃんがそう言うんだったら、そうなんだろう。」

っていう内容でね。私とダロサのことはね。

それでね、トレイド(商業取引)なしの金額で、ダロサに私が、フライドチキンを(追加で)揚げてもらって、私がダロサに、話した。

私「なんか、(雰囲気が)おっさんなんじゃないかな?」

ダロサ「そうか?」

ダロサは、私が考えていることについて、よくわかっているということで、特に何も言わなかったんだけどね。

トレイド(商業取引)なしの金額で、私がダロサにもらった豚肉の串カツについて、私が、こういう感じなのかな、って思ったら、ダロサが、

ダロサ「ayaちゃん、そういう内容は、(雰囲気について)趣味だぞ」

って言った。ダロサは、しっかりしてるからなぁ。

ダロサ「ayaちゃん、食事について、買い食いじゃないんだから、良い内容の食事を、俺がayaちゃんにプレゼントするよ。」

私「うん」

私がダロサと話して、(心境として)複雑だった。でも、私はダロサの奥さんだから、こういうことについては、いいんだろうな。

私が、ダロサの奥さんだから、(心境として)複雑なんじゃないか、っていうことを、ダロサに尋ねたら、ダロサが、

ダロサ「ayaちゃん、そのことについて、キャリア志向とかなんじゃないかな。」

って言ったから、ダロサが、しっかりしてるなぁ、って思った。

ふふっ、俺のことについてはね。井上さんだからね。内容について、こういう内容だよ。